スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転機

一通の手紙が届き、物語は始まる。
セバスチャン:「坊ちゃん、オーシャンズ卿からお手紙が届いていますが・・・・」
シエル:「セバスチャン、確かオーシャンズ卿は調査のみで、文は送ってはないよな?」
セバスチャン:「御意、ご主人様(イエス、マイロード)」

シエル:「ふむ、、、、まぁいい内容を拝見するとしようか」

内容は長文ではなく、ごく簡単な内容であった。

シエル:「さすが、というべきか。オーシャンズ卿は耳が聡い。」
セバスチャン:「返答されますか?」
シエル:「それより先にカノーパス卿へ連絡する」
セバスチャン:「かしこまりました。手配いたします」

カノーパス卿からの返信が届く。

シエル:「ふむ、カノーパス卿はそちらを選ぶか・・・
___セバスチャン、例の調査結果は?」
セバスチャン:「はい、ここに報告書をまとめております」
シエル:「ゴライアス卿は、相変わらずの体たらくか。まったくあの御仁らしいといえばらしいか」
セバスチャン:「人選はいかがいたしますか?」
シエル:「オーシャンズ卿でいくとしよう。ゴライアス卿は時期が悪いからな。せめて・・・いやなんでもない」
セバスチャン:「かしこまりました。手配のほうはわたくしめの方でいたしましょうか?」
シエル:「あぁ、よきに計らえ」

そしてまた、手紙が届く。

セバスチャン:「坊ちゃん手紙が届いておりますよ」
シエル:「オーシャンズ卿からか?」
セバスチャン:「いえ、ヴェンジェンス卿からですが」
シエル:「わかった、読もう」

シエルの困惑した表情が見れる。

シエル:「・・・ふぅ、やはり読めぬ人だ」
セバスチャン:「いかが致しました?」
シエル:「ほれ、読んでみろ」
セバスチャン:「・・・なるほど。しかしいかにもヴェンジェンス卿らしい"返事"ではありませんか?」
シエル:「悪魔のほうが諧謔を理解するとは、皮肉だな」
セバスチャン:「お褒めいただきありがとうございます」
シエル:「しかし、やっと集まったな・・・」
セバスチャン:「これも坊ちゃんの運がよかったのかと・・・」
シエル:「運?運などという言葉で片付けられたくないな」
セバスチャン:「では、何が要因でしょうか?」
シエル:「ボクの人徳に決まっているだろう」

静寂な間を挟み、

セバスチャン:「・・・さて、明日の支度がありますので、これで下がらせていただきます」
シエル:「・・・」
セバスチャン:「坊ちゃん、何か?」

笑顔で問いかける。

シエル:「いや、いい。でわ、明日以降の手配は全て任せる。物資不足などという言い訳は聞かないからな」
セバスチャン:「御意、ご主人様(イエス、マイロード)」



これで一応完結です。
なお、登場人物名は過去のイギリスの軍艦から引用させていただきました。

テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。